関節痛はもとはからきし感じていませんでした。
但し、20年代の辺り、交通事故において右足を骨折した後から、左側膝の痛みが近々出てきました。
たいてい右足を庇って生活をしていた為だと思います。
地位や、歩いたりなど普通のやりくりしか行っていなかったものの、立って要る間隔が長くなったり、トラブルとしてはあるくときの衝撃で左側膝のインテリアやお皿の知人が鈍く痛むようになりました。
あるく事でも痛みを捉え、これから重さを張ることが苦しくなり、徒歩が曲がらなくなり正座も出来なくなりました。
膝が痛くて曲がらない、痛くて歩き方が変になることが多かったです。最も次第に痛くなってくる結果、身の回りも手ように過ごしていました。
長い距離歩けない、正座が出来ないことも不自由でした。
あるような感じがして、どうしても曲がらない、痛みがでました。
職業でユニットを変えて下のツールを取ろうとする時も、しゃがみこむ事がにくく、膝立ちも無理でした。その様なチャンスの時は、異論の徒歩でかばう結果関節痛を緩和させていましたが、そうするうちに異論の徒歩も(骨折しているのでとりわけ)痛くなってきていました。
関節痛の原因は、水が溜まっていたようで、1度医院において水を抜いてもらいました。
ただし、一気に溜まり、引き抜く、貯まるの千日手でした。
そこで漢方薬をのみ、水が溜まらないように手やりくりを結論として努めました。
薬を呑み積み重ねるわけにはいかないので、膝の筋肉を鍛え上げる特訓を始めました。
小気味よい心労で膝の曲げ伸ばしを行いました。一気に効果があったは思いませんが、直後職業では関節痛は緩和し水が溜まっておらず、効果はあったのかなと思っています。

リョウシンJV錠