今週は、長い休日の後日、二日光だけの仕事として、気もちょい容易でした。
も、何年齢さらに、長い休日の後の必須ってずいぶん気が乗らなくて、
仕事やるまでは悲しいなって想うことも公明正大あるんです。

そんな時、たえず思いだすのは、入社種別の午前のことです。
その日も満員汽車だったはずなのに、ちょこっと素早くでかけたせいか、
私の気も余分があったし、緊張してたけど、
それ以上にそわそわした気が勝っていたんですよね。

今はこんな悠長なところ言ってる場合でもないし、
イレギュラーなことが何とかなるたけ起こらないでくれって
祈るような気持ちで仕事することもあるけど、でも初心に
立ち戻ることもこういう時は大切なのかもしれないなって思ったり行う。

生まれた日のこちらの前にはただ果てしない将来があって、
それを信じていたら何も恐れずにいられた・・・
とある芸能人は歌っているように、現在誹謗にもこういう歌詞がぐさぐさ私の胸を突きます。

でも、少しだけあがいた成行、今の自分があるのだし、
そういった時期を与えられたことに惜しくも感謝して、
また来週から動けるように今は思いの丈料金しようと思います。
ついつい、今日は直感がのらなくて、何となく毎日ぼ~っとしてもちろん。
いつも苛苛の原因が念頭にあって、仕事をしてても、そのことが邪魔して、拳固につきにくいペースでした。
それほど、心情ここにあらずというヤツだ。
痛散湯

そういった日光は残業なんてせずに、ちゃちゃっと定時で帰宅して、ファミリーをすることにしてます。
普段は休暇も、そこまで必死にファミリー止めるんですが、こういう時って逆に捗るものなんです。

無心になろうとして、精一杯、どっかを磨いたり、何かを切ったりしていると、いつしか綺麗になったり、
食べられる状態になって出向く、そのでき上がりがあたいを落ち着かせて得るんです。

今日も、家屋に帰ってファミリーを通してたんですが、でも、やっぱ心情ここにあらずなペースだったので、仕方なく楽曲の力を借りてみることにしました。

イヤホンを大音量として、以前からマニアの美術家のアルバムを聞いていたんですが、とある曲に来たら、それまでのすごい歌詞やノリが一転して、手厚いノリになったんです。

その曲を聞いていたら、こちらまでほんわかしてきて、まさかリラックスできました。

十年齢ところも、二十年齢ところも様といったいられたらいいな、なんて言われたい広告をさらっと曲に乗せて仕舞うこの方、さすがですね。